伊東 秀一

05/27 マスクで熱中症

えっ?といぶかる方もおられると思いますが、
あるんだそうです。「マスク熱中症」なるものが。

国が配布した布製マスク、通称アベノマスク=写真が
ようやく(!)手元に届いた私も、
この機会にあらためて知っておこうと思います。
           ✤
要は、マスクで口を覆っていることで
吐いた息(=体温とほぼ同じ35~36℃の空気)を
再び吸い込むことで体内に熱がこもって起きる。
これが「マスク熱中症」なのだそうです。
           ✤
脱水症状になれば喉が渇くのが自然な身体反応なのですが、
マスクは温度だけでなく呼気の湿気も口内に閉じ込めます。
つまり喉は常に潤っているため、喉が渇かないのだそうです。
でも脱水症状は起きている。これが怖いですね。
           ✤
きょうの「ゆうがたGet!」のゲスト、
長野赤十字病院救命救急センター長の
岩下具美(ともみ)医師に教えていただいた
3つの予防ポイントです。

1:意図的に水分補給
  (=喉が渇かなくても時間を決めて飲む習慣を)
2:徐々に汗をかく練習を
  (=外出自粛で体が外気の暑さに慣れていないため
      軽い運動から段階的に体を動かす習慣を)
3:首元を冷やす
  (=首回りを中心に肌の露出を多くすることで
       体内の熱を放出し体温を下げられる)

※近距離に人がいない広い空間であれば無理にマスクを
 着用しなくてもよいとのこと。暑い時にはマスクを外して
 自然の外気を吸うことも必要です。
           ✤
多くの方が初めて経験するであろう「マスク着用の夏」。
ウィルスだけでなく、暑さからも身を守る小まめな工夫を。
  

05/22 緑と風と水鏡



森の取材で飯縄山の北麓に位置する信濃町を訪ねる。
長野市内と比べると、新緑の淡さが目をひく。
          
「1週間半から2週間近くは遅いと思いますよ」
森を管理する男性が空を見上げつつ教えてくれた。
          ✤
この辺りは森の緑に加え、緩やかな斜面に広がる
水田風景が私個人的には大好きである。
ニュースクルーと一緒に天気予報用の映像を撮影中、
ふと見つけた「水鏡」に思わずカメラを向けた。
          ✤ 
風がひんやりと感じたこの日も、田園風景を前に
ああ、もう初夏だなあ、と思う。
やっぱり森と田園は財産なのだと実感。
【写真はいずれも信濃町大井で/21日撮影】

04/30 往く春

行楽にも行かず、遠くの家族とも会わず、
動かぬことが大切な人を守ることになる。
大型連休の後半を前に思いを新たにする。

昼間、局舎隣りの若里公園では
あらかた散り終えたソメイヨシノの近くで
真っ白なハナミズキが青空を背に咲いていた。

この春、花を愛でる余裕もなかった中で、
カメラに残った写真を見返しながら
往く春を暫し惜しみつつ。


【長野市・若里公園のハナミズキ/きょう】


【台風で冠水した長野市赤沼の桜/4月上旬】

04/21 いま出来る防衛術②

今週も感染症の専門医・小川英佑医師(篠ノ井総合病院)にお聞きした
新型コロナウィルス感染予防法をまとめます。
今回は【家庭内での感染を防ぐ】がテーマです。

✤ポイントは「家族間でも普段から距離をおくこと」
 以下、ぜひご参考に。

1.人込みに出かける人は、帰宅後も家でマスク着用を
2.会話するときは小声で(大声だと唾液・飛沫が飛びやすい)
3.机に座る時は真向いを避け「対角線」に座り、できるだけ距離をとる
4.タオル、食器類は共用しない
5.食事中は会話を控える(唾液・飛沫を避けるため)

✤もし家族に発熱や風邪のような症状があったら
 「コロナかも・・・まず感染症を疑ってかかる」こと。

1.部屋は別々に分け、接触は最小限に
2.体調の悪い家族と接するのは1人に限定する
3.外部からの訪問者は家に入れない
4.風呂とトイレはほかの家族と別にするのが理想
  ⇒難しい場合には●体調の悪い家族は一番最後に入浴を
          ●トイレはその都度、除菌をこまめにする

いま出来ることを確実に。小川先生、今週も有難うございました。


 4月初め、取材で訪ねた佐久穂町大日向の諏訪神社は春の例大祭前日でした。
 全国各地の夏祭りや行事の中止決定が相次ぐ中、祭りの場に皆が集える日は
 いつになるのでしょう。
 

04/16 いま出来る防衛術


【ひとけのない公園で満開の夜桜/長野市・城山公園】

7都府県に出されていた緊急事態宣言が全国に拡大されそうな中、
きょうの「news every.」では感染症と膠原病が専門の小川英佑医師
(JA長野厚生連・篠ノ井総合病院膠原病科)にインタビュー。
日々の暮らしの中で出来る「感染防衛術」を伺いました。

その一問一答を以下に要約。参考になれば幸いです。

Q.周囲に人がいなくてもマスクは必要ですか?
A.●人混みの中でなければ、あるいは対面する人がいなければ不要。
  ●ただしマスクは着脱するときの方がリスクが大きい。
   着け外しする時に、マスクの外側に付着したウィルスが
   手に着いたり粘膜に着く恐れがある。頻繁に着脱する人は要注意。

Q.自転車や車のハンドルは大丈夫?
A.1日1回程度は拭くのがよい。

Q.金融機関のATMなどを操作した後は?
A.機械は複数の人が触れるのに加え、現金そのものも要注意。
  大勢の人が触れているものなので、後で必ず手洗いを。

Q.やむなく出勤した場合、職場での注意点は?
A.●対人距離は2m以上、加えて会話時のマスクは必須。
  ●共用のデスク、引き出し、パソコン、ドアノブなどは
   出来るだけこまめに拭く。それが出来ない環境であれば、
仕事中にもこまめな手洗い習慣を。

Q.帰宅時、持ち歩いた鞄や着衣の扱いは?
A.●家族が集う室内には持ち込まない。
  ●玄関を入った早い時点で脱ぎ、付着した埃を払うか、拭く。
  ●できれば夕食前に入浴を。一番外部に露出してるのは顔。
   そこをきれいに洗浄してからの食事が理想。

Q.スマートフォンに触れる時の注意点は?
A.食事前や食事中にいじる人が多く、危険性が高い。
  頻繁に触れるスマホや携帯にはウィルスが付着している恐れがある。
  帰宅後にウェットティッシュなどで表面を拭きとってから操作を。

 出来ることからひとつずつ。小川先生、有難うございました。