伊東 秀一

11/14 母の背の記憶

 1歳4か月の子供に、どのくらい鮮明な記憶があるのだろう。
体の弱かった男の子はその朝、母の背に負われながら、
川の土手を病院に向かっていたという。72年前の8月6日・・・。
              ✤
 2人は爆風に飛ばされ、土手の下に転げ落ちた。
背負っていたはずの男児を、一瞬の無意識のうちだったのか
母は両手で抱きかかえていたという。その風景を覚えている気がする、
と男性は言った。
「でもそんな幼い子供に記憶があるはずはないと思います。たぶん、
 叔父や叔母から聞かされた話が頭の中で像を結んだのでしょう」
と笑った。
              ✤
 広島生まれの被爆者・藤森俊希さん(73)を、八ヶ岳山麓の自宅に訪ねた。 
来月のノーベル平和賞授賞式に、受賞団体からの招待という形で出席する。
核を巡る今の状況、核兵器禁止条約に参加しない日本政府への怒り等々。
言葉を選びながらも毅然とした口調で話す藤森さんの両目が、
母君の記憶にふれた時だけは、潤んでいるよう見えた。
              ✤
 爆心からわずか2.3kmの場所にいた母と息子は、その後生き延び、
子供たちを育て上げた母は98歳で亡くなった。藤森さん自身も今73歳。
あの場で亡くなった人もいれば、母や私のように長生きする被爆者もいる。
その境目はどこにあるんでしょうね、と藤森さん。
              ✤
 来月10日、ノルウェーで行われる授賞式を前に、出席への思いを伺った
インタビューは、きょう夕方の「Face」(午後6:15~)で放送。

11/13 隠れマニアの注目

 来年用の手帳やスケジュール帳が文具店や書店の店頭に並び始めた。
私も、愛用しているM社の1日1ページという「大きめ✕厚め」の1冊を
先日、東京出張のついでに購入してきた。
                 ✤
 ところで!長野県の県民手帳が全国都道府県の手帳の中で売り上げ1位というのは、
昨年末あたりのニュースでご存知の向きも多いのでは。では、その県民手帳の表紙が
「2色」になったのは、さてご存じだろうか。

 写真右は従来と同じデザイン。で、左の表紙である。発行元の長野県統計協会によると
「アップルグリーン」と呼ぶカラーらしい。リンゴ産地信州らしい命名だなとしばし感心。
                 ✤
 手帳は毎日使うものだけに、特に「メモ魔」や「書き魔」と呼ばれる人たちは
かなりのこだわりを持っておられると聞く。中身のレイアウトだけでなく
表紙の色も「いや、昔ながらが良い」という人も少なくないのだろう。
この「新色」県民手帳、売り上げ日本一の人気を、さらに後押しするかどうか。
“隠れ手帳マニア”の私は、この年末年始、実は密かに気になっている。

11/10 見逃した方、来週もやります!

 「ゆうがたGet!」私の解説コーナー「信州3分勝負」でご紹介した
認知症予防につながる“脳を鍛える”運動、ご覧いただけましたか?
というより、やってみました?と尋ねた方がいいかもしれません。
以下、私が描いた素人イラストをご参考に。

1:片手の指で輪をつくり、もう一方の手は人差し指を立てて下さい。
2:目線は前を向いたまま、その両手をゆっくりと頭上に挙げて下さい。
  この時に決して上を見てはいけません。
3:指で作った輪の中に、もう一方の手の人差し指を差し込んでみて下さい。
                ✤
 出来ましたか?これなかなか難しいんです。スタジオでも3人中2人は
「あれ?」「入んない」とブツブツ。
ただし出来ないからといって、イコール認知症ではありません。
これを繰り返すことによって“脳が鍛えられ”認知症予防につながるというもの。
要は、自分の身体(手足)の位置を、脳が捉えられることが大事なんだとか。
生放送では1回でクリアした「ふりをした」私ですが、
実は本番前、何度繰り返し練習したことか。
                ✤
 来週15日は今回の続編として、さらに多彩な“脳を鍛える”運動が登場。
専門の研究者がスタジオで指導して下さる予定です。
さあ、来週は運動が出来る支度をして、皆様テレビの前でお待ちください。 
                

11/07 何もしてませんから・・・

 ホテルを出たら目の前の警察官と目が合って「!!!」。
すぐ先の交差点を曲がったら今度は二人。また目が・・・。
あちらも仕事とはいえ、眼光鋭く見つめられると私もうろたえる。
            ✤
 先週、番組制作で数日間出張していた東京は、厳戒態勢中。
あれ、トランプ大統領はまだだったはず、とニュースを見たら、
そうか、イヴァンカさんが先着していたのをうっかり忘れていた。
しかも悪いことに私が泊まる宿が、彼女のホテルから数ブロック、
距離にしても数百メートルしか離れていなかった。


【新橋・日テレタワー近くでの検問/3日】
 
 30年ほど前、都内で独り暮らしをしていた大学生時代に
ちょうど東京サミット(先進国首脳会議)を経験した。
警備の厳しさに都心の幹線道路は車がほとんど走らず、
電車と自転車と徒歩で生活していた私は、
珍しく静かな東京を面白がっていた記憶がある。
            ✤
 当時をなんとなく思い出しながら歩いてはいたが、
やはりお巡りさんが大勢いるのは居心地良いものではない。
ふと気付くと、横を並行して歩いているのが制服の警察官。
ドキッとした瞬間に目が合った。
「あの、僕何もしてませんから・・・」。

11/06 17歳が語る「プラス4℃」

 私自身ほぼ1年ぶりの全国ネット制作だった。
きのう深夜放送の『NNNドキュメント’17』は
地球温暖化をテーマにした「プラス4℃の世界」を描いた。
およそ80年後の世界に、私はもちろん私の世代はもういない。
その時、今より4℃気温が高い世界を人類はどう生きて行けばいいのか。


【高温室で実験栽培されたリンゴ。蜜の入りは良くない】
               ✤
 今回のナレーターは17歳の女優・浜辺美波さんにお願いをした。
今話題の映画『君の膵臓をたべたい』の主人公・桜良(さくら)を演じる
現役の女子高校生だ。映画で見せた若さ溢れる演技とは一転、
落ち着いた中に、未来への不安を静かに滲ませたナレーションで
番組を見事に“引き締めて”くださった。
               ✤
 リンゴの味が落ち、ワインブドウの産地が北上し、冬も寒天が凍らない。
「私たち、私たちの子供、そして孫たちは、そんな世界で生きていくことになるのでしょうか」
17歳の浜辺さんが語る最後のナレーションが、今も耳の奥に残っている。
               ✤
 番組はBS日テレでも放送されます。昨夜見逃した方、もう一度ご覧になりたい方はこちらを。
 ■11月12日(日)11:00~11:30  ■BS日テレ