稲葉 陽子

12/09 ファンサービスで貴重な光景?!

きょうは、パルセイロとファンの交流イベント『パル感』の取材へ

 

今年の『パル感』は、イベント盛り沢山でした

選手と対戦できるミニサッカーに、

卓球、綱引き、カードゲーム、トークショー等々…

 

どこから撮影を始めようか迷ってしまう程、

Uスタの各場所で魅力的な催しが開かれました

 

普段なかなか見られない選手たちの柔らかい表情と

サポーターの笑い声が会場を包みました。

 

今季も、何度も悔しい思いを共にしてきたと思いますが、

楽しい時間を共有することで

2017年シーズンを笑顔で締めくくることが出来たと感じました

 

 

そんな『パル感』で

強烈に印象に残ったシーンがいくつかあります。

 

◆綱引きで腰が引けている選手。

◆長い列を前に、全力でキノコ汁を振る舞う監督たち。

◆カードゲームで「UNO!」と口にした宇野沢選手。

 

どれも、普段ピッチで闘う姿からは想像が出来ない貴重な光景でした

企画したクラブ側の

「ファンを楽しませたい」という思いが込められていたと思います。

 

温かい雰囲気の『パル感』を見ていると、

やはり来季こそ、来季こそ絶対にJ2昇格を決めた最高の笑顔で、

シーズンを終えたいですね。

【12月3日:ホーム最終戦】

12/02 紙“芝居”

厚芝アナがブログで報告してくれましたが、

先日、『マイチャン。おはなし隊』が東信の幼稚園に出動しました

 

テレビ信州アナウンサーによる読み聞かせ活動

これまで絵本を読むことがほとんどでしたが、

今回私は、紙芝居を読んでみました。

 

以前、『報道ゲンバFace』の特集で、

絵本の読み聞かせの魅力をお伝えしました。

その時、取材でお世話になった大学の先生から紙芝居を薦められました。

 

「紙芝居は、紙“芝居”。

お芝居だと思っていいんですよ。」と…

 

なるほど

ショーを楽しんでもらうような感覚を持てばいいのか

絵本とはまた違った“読み手の楽しさ”を見つけることができたように感じました

 

時には、

クイズ形式で子どもたちと掛け合ったり、

文章を読むのではなく、実況風にアレンジしてみたり…

 

10年以上読み聞かせの活動をしてきて

「なぜ、今まで紙芝居の楽しさに気付けなかったのだろう

 

今回、新しい“読み手の楽しさ”を発見することができ、

アナウンサーとしても

喋りと読みの訓練を一つ増やすことができたことにとても嬉しくなりました

『マイチャン。おはなし隊』の活動報告は、こちらです☟

http://www.tsb.jp/information/ohanashi/index.html

11/26 もぅ、冬

信州の山々が色付く秋は

出掛けたい場所がいくつもあるのですが、

今年も紅葉狩りには一度も行けずに終わってしました

それだけ、今年の秋も充実した日々を過ごせたと感謝しています

 

そう感じたのは、先週の21日。

朝、会社へ向かう時、

飯縄山をはじめとする山々が、粉砂糖をかけたような装いに変わっていて、

「もう、冬か~」とハッとしました。

【21日:午前7時半】

気付けば、二十四節気の小雪も過ぎ、

本格的な冬に備えなければならない時季。

皆さんも、冬用のタイヤへのはき替えなど、

早めに備えて下さいね。

11/16 カラダWEEKで“ご当地体操”

今週は“自分の体を好きになる”をテーマに

日本テレビ系列で様々な企画をお送りしていますが、

あすの『報道ゲンバFace』では“ご当地体操”をご紹介します。

 

3年程前から

県が掲げる健康づくり県民運動『信州ACEプロジェクト』の一環として取り組んでいる

ご当地体操コンテスト。

 

昨年度、グランプリに輝いた

佐久穂町の『地域いきいき健康クラブ』の皆さんを訪ねました

 

教えてくれたのは、

高校で体育を教えていた経験を持つ鳥川寛子さん。

最初に、準備運動ということで柔軟体操を。

座って膝を伸ばした状態で足を掴みたいのですが…

日頃の運動不足がたたり「痛い、イタタタタ

出来ませんでした

 

一方、鳥川さんは…

足を掴むどころか、

足を頭の後ろまで、いとも簡単に持っていったのです

衝撃でした

 

考案した体操は20曲以上。

今回は、地域の特色を出した『佐久穂物語』という曲に合わせた体操を教えてもらいました。

 

筋トレやストレッチを目的としていて、

普段伸ばさない筋肉をゆっくり伸ばしていきます。

音楽に合わせて体を動かすので、

体操や運動をしているというよりも

踊っている感覚に近いものがありました

教えていただいた『佐久穂物語』体操の魅力は他にもあります

詳しくは、あすの『報道ゲンバFace』をご覧下さい

11/09 星の数

「学生時代に戻りたい

そう、仕事をしていてつくづく思う瞬間があります。

 

それは、

高校生や大学生の皆さんを取材させていただく時です。

 

振り返れば、

嫌なことも、もちろんあったと思いますが

どんなことも楽しくて、お腹が痛くなるほど笑い転げていた日々。

もぅ、どうしたって戻れませんよね

 

さて、

きょうの『報道ゲンバFace』の特集は、

そんな学生の皆さんが主役です

 

キーワードは『星の数』

学生ならではの視点が生み出した星の数に注目してご覧ください